< その他 >          Ausserdem
 

「親指シフト」2016年08月15日記

「親指シフト」入力を知ったのは1983年頃だった。当時、業務用書類を作成する為、
ワープロ導入を検討していた。ワープロ専用機は事務機器として普及し始めた頃で、
パソコンではまだ漢字は使えず、日本語印字はワープロが実用的機器となっていた。
ワープロの黎明期で、各社それぞれ開発した、ワープロを発表。実用的な文字入力
システムにローマ字入力と親指シフト入力の2種類があった。ワープロ先発のローマ
字入力機は東芝のTOSWORD JW-1、後発親指シフト入力機は富士通のOASYS が
市場にあった。親指シフト入力が日本語入力には有利だと知り、OASYS購入を検討、
しかし価格が高価で購入を断念、TOSWORD JW-1を選択した。個人で所持するに
まだワープロは高価な時代、1983年当時60万円で購入。しかし数年後にワープロ
専用機の時代は終焉したのだった。

1985年パソコンがホービー的な物から実用的な事務機器に発展し、ワープロソフト
「一太郎」が世に出、ワープロ専用機との競合が始まり、ワープロ専用機の需要は
急速に衰退した。一太郎を導入し、ローマ字入力での利用を始め、高価なJW-1の
稼働率は激減、専用ワープロ機は2年間で利用価値は全くなくなった。

1988年、PC-9801用親指シフトキーボードとして、ASkeyboard が発売され、満を期
して親指シフト専用キーボードを購入、親指シフト入力の練習を始める。
「らくらくキーボード練習帳B親指シフト入力編」 著者 増田忠、1988年11月25日、
日本経済新聞社発行、を利用し1週間で、親指シフト配列を集中的に覚えた。
アルファベット配列は大学生時代、タイプライター使用で既に馴染んでいて、新たに
望んでいた親指シフト入力を習得、ストレスなく日本語入力が可能となる。



[親指シフト配列表]


1996年、ASkeyboardの次に購入したキーボードは、Rboard Pro for PC 。
親指シフトキーボードでかなり高価だったが、ASkeyboardのキー入力が不安定となり、
新たなキーボードを導入した。Rboard Pro for PC はハード的には問題はなかったが、
OSやパソコンの買い換え時に、動作が不安定となり、使用を中止。キーボード製造元
リュウド社から、製造中止案内があったとき、予備に1台購入していたが、それを使用
することなく、新品のまま廃棄処分した。

2001年、コンパクト親指シフトキーボード、FKB8579-611、利用開始。
キーボードの製造中止や故障不安があり次々に3台も購入して、使用を続ける。15
年間の使用に耐えた親指シフト専用キーボードだったが、専用キーボードに見切りを
付ける時が来た。親指シフト専用キーボード確保が困難と感じて、専用キーボードに
依存せず、汎用キーボードで親指シフト入力を利用することに切り替える。

[FKB8579-611 キートップ]


2016年、タッチが良いと評判の汎用日本語配列キーボードを導入した。
HHKB Professional JP Type-S (日本語配列)静音タイプモデル PD-KB420WS
HHKB Professional JP (日本語配列)PD-KB420B
HHKB Professional BT Bluetooth接続 PD-KB620B
入力タッチが良いのは、静音タイプ。他は多少チャカチャカ音が気になる。パソコンや
親指シフト専用キーボードはこれまで35年間使用してきたが、キーボードの使用感、
HHKB Professional は手に馴染む。鍵盤楽器の鍵盤を触った経験がある人には理解
出来るだろう。ノートパソコンは電子キーボード、以前の親指シフトは、アプライトピアノ、
このHHKB Professional はグランドピアノのタッチ感覚に比べられる。キーボードの
機能は当然だが、タッチは重要で無視は出来ない。

キーボードのハードに関し、使用してきた種々の機種を記述したが、親指シフト入力は
ハードのみでは利用不可、入力エミレーションソフト併用が必要条件です。これまでに
利用した、親指シフト入力エミレーションソフトに、親指ぴゅん、親指ひゅんQなどを
有り難く利用させて頂く。親指ひゅんQのサポートが中止となり、やまぶきRに移行する。

日本語入力には、ATOKを使用している。日本語テキストをパソコンで入力するには、
ワープロソフトよりはむしろ、テキストエィデターを好んで使う。エィデターはMIFES、
VZ Editorなどを使用している。これらは、キーカスタマイズが可能で、個々の入力
スタイルに合わせて入力キーをカスタマイズ。エディターの長所は、ホームポジション
から指をあまり動かすことなく文字の入力、削除、貼り付け、カーソル移動を可能に
している。親指シフト入力と文字編集キー使用で、文章の作成効率は格段に良くなる。
カーソル移動をするダイアモンドカーソルの利用。ダイヤモンドカーソルは、左小指で
Ctlを押し、左中指でE(↑)、X(↓)、左薬指でS(←)、左中指でD(→)を同時押しする。
キーボード右に位置するカーソルキーの操作に替わる方法で、指をホームポジション
から大きく移動する必要はない。シートカットキーの利用、良く使用するBSはCtl+H、
DELはCtl+G EnterはCtl+Mに設定する。ホームポジションにあるキーに、他の良く
使用する編集機能を設定し編集効率を上げる。などなど、キーカスタマイズをする
ことでエディター利用の価値は格段に上がる。

ハードキーのカスタマイズ、キーボードのキー本来の機能を変更すると更に良い。
ホームポジションからあまり移動することなく効率良くキー操作が可能。オリジナル
キーボードのキーを、ソフトでその機能を変更する方法。変更しても、オリジナル
キーに戻すことが出来、使い勝手が悪ければ、元に戻せば良いだけだ。
Changekey (キー配置変更ソフト)でキーの配置を変更した。
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/changekey/

前に使用していた FKB8579-611のキートップ、[全角/半角]、[Tab]と同様の位置に
設定した。[Fn]の右隣に[CapsLock]、 [ ]} ]と[Shift]の位置を入替る。右[Shift] は
欧文文字入力中に頻繁に利用し、オリジナルは右小指に遠過ぎる。あまり利用しない
[ ]} ]と入替ると使い勝手が良くなった。

[HHKB Professional JP Type-S 入替キートップ]


専用親指シフトギーボード、B割れキー(スペースバーが、BとNの下で分離する)に
こだわっていた。導入したHHKB Professional(日本語配列)のスペースバーは、その
位置がN キーの下まであるが、親指シフト入力に大きな支障はない。今まで使用した
専用親指シフトキーボードと何ら違和感なく乗り換えられた。むしろ、キータッチはより
良く、大きさもコンパクトで、満足感は増大。オリジナルの右シフトキーは、使い難い
場所にあったが配置を変更し、問題を解決した。

ホームポジションについて、上段の数字キーの指使いに関して、多くの解説では左人
差指は4、5を、また右人差指は6、7に割り当てている。1970年頃、練習したタイプ
ライティング教本では、6は左人差指で操作していた。7、8は右人差指、9は右中指、
0は右薬指でした。6、7で左右の指割当が分かれて、最近の解説とは異なっていた。
B割れにあやかり、67割とでも言おう、ここを境に左右分離した方が指には負担が少
ないと感じる。いずれの方法でも良いが、人それぞれ指の長さも異なり、使い方も違う
だろうが、指使いは重要です。黄線は左右使い分け境界線。

親指シフト入力、キーボードに関し、検索すればネット上には多数の情報がある。
これまで50年間、タイプライター、パソコンギーボード、親指シフト専用キーボードと、
使用してきた体験に基づいた、これらの情報がヒントになればと思い、ここに記述した。

 

フランス製大型ハーモニュウム(ハルモニウム)Harmonium

    高さ3メートル、幅1.6メートル

1988年に修復した2段鍵盤ハーモニュウム、フランス、デュモン社製。修復
には約半年掛かった。バラバラの状態で工房に運ばれ、壊れたり紛失した部品は
工房にて製作した。壊れたリードも自作した。

「オルガンの文化史」赤井励著、176頁に記載されている、オルガンと同種類
のハーモニュウムと思われる。23ストップ、素晴らしい音色。後ろには、手動
で吹子を動かす梃子が付属しており、助手が操作する。ハーモニュウムの規模と
しては最大級。

 

ディスクオルガニーナ

修理したディスク式オルガニーナ、手回し式リードオルゴール。
蓄音機型の紙腔琴。

 

プティアルモニュム

次の3写真は小型ハーモニュウムです。箱の中にコンパクトに入っており、上に
引き上げますと演奏出来ます。ペダル部分が吹子になっており、珍しいハーモニ
ュウムです。

 

石臼(磨臼すりうす)

 

ちょっと珍しい道具の修復をしました。それはタイトルにあります様に、磨臼で
す。一般的には消滅した様な道具になっているおります。民俗資料館などに展示
されている所もあるでしょう。まだ、農家の納屋の隅に転がっているかも知れま
せんが。米、麦、大豆、蕎麦、茶等を挽く為に使用される円盤上の石で出来た臼
です。小さな物は抹茶を造る時に使用されます。

2000年12月に修復した臼は、直径36センチ、高さは上下を合わせて30
センチある重い物です。素材は御影石で、昔(私が子供の頃、40年以上前)、
祖母がこれを回して麦や大豆を粉にしておりました。長く、庭の隅に野ざらしに
なっておりましが、たまたま家内が家庭菜園で麦を収穫し、パン用の粉にしたい
と、臼の修復を言い出しました。放置され、長く忘れられおりましたので、取っ
手は既に存在せず、芯棒は朽ちてなく、上臼の凹状の穴に、芯棒が入る所に僅か
に受け金が残った状態でした。取っ手の構造は想像し、また芯棒と臼の取り付け、
取っ手と臼の取り付け方法も全く手探りの状態での修復でした。歴史的に修復し
たのではなく、使用可能な道具として、使い勝手を考慮しての修復でした。

上臼の横には5センチ角の穴が対角線上に向かい合って2つ開いております。そ
こにL状の取っ手を付ければ良いのですが、どの様に差込、固定するのかが解り
ませんでした。取っ手は1つとし、対角線上の穴は取ってを締め付ける為の、補
助穴と考えました。取っ手が2つだと回し難いと思いましたし、子供の頃の僅か
な記憶にも、取っ手は1つだった様な感じでした。

先ず、樫材を角棒にし、角穴に差し込める様に端を削り、臼から4センチ出る一
方の端は直径3センチの丸ほぞに加工、同じ物を2個作りました。別の樫材を木
工旋盤で棒状に取っ手に加工し、取り付け部分は3センチのほぞ穴を横に開け、
取り付けほぞに差し込む構造にしました。単に差し込んだ物ですと丸ほぞですか
ら、ここを中心に回転し、取っ手の役割を果たしません。そこで更に、取っ手の
中間部分と下端に穴を開け、ワイヤーを通し、臼の反対側の角穴に差し込みんだ
補助棒まで、そのワイヤーを鉢巻き状に回して、取っ手が回転しない様に縛り付
けました。

ステンレスの縒ったワイヤーを使用し、締め付けには、フックの付いた締め付け
金具を用いました。思っていた以上に、取っ手は固定され、重い臼を回す事が出
来る様になりました。

これらの修復に丸々2日の日数が掛かってしまいました。喜んで麦を入れ、臼を
回しましたが、粉が出てきません。失敗かと思いましたが、臼の回転を時計回転、
右回転させており、反時計回転に回したところ、無事に粉が出てきました。

粉が出来るまでには、麦を植え、磨臼を修復し、多くの時間とエネルギーを使い
ました。粉を買って来た方が当然に安いのですが、満足感、達成感は多くあり、
また昔の農家の苦労を理解する事が出来ました。麦を植えたのは家内で、家庭菜
園を全く私は致しません。たまたま、古い臼が転がっておりましたし、自家製パ
ン焼きは日常的な事でしたので、幸にも磨臼の修復の経験を致しました。

後日、近くの民族資料館、農業資料館などに磨臼を探しに行きましたが、ここに
は抹茶用の小さな臼しか展示しておりませんでした。本来の臼がどの様な構造に
なっているのか調査中でしたが、下記のホームページに詳細が掲載されておりま
したので参照して下さい。修復する思考の過程で多くの内容を学んだ事は、大い
なる収穫としてここに報告致します。

 

タイガー計算機(機械式計算機)

kalkulator 

電子計算機が普及する以前は、そろばんと機械式計算機が一般に使用されていた。
1923年大本寅治郎氏により発明され、「虎印計算機」と命名されたこの機械式
計算機は後に「タイガー計算機」と改名され、1968年頃をピークに1974年
まで、国内50%以上のシェアーで製造販売され、機械式計算機の不朽の名器とし
その歴史を閉じた。故にタイガー計算機の名は機械式計算機の代名詞ともなった。

2001年5月12日、広島の骨董屋の隅で埃を被ったこの計算機を偶然に見つけ
た。摘みや桁カーソルの一部は紛失していたが、それを理由に値切り交渉をして、
遂に入手を果たした。摘み、カーソルを復元、注油整備などを施し、完全に動かせ
る様に修復した。幸にも、計算機のオリジナルの覆いが残っており、ある事務所で
使用された登録年月日が書かれていた。1956年10月10日の日付となってい
る。45年前に製造された計算機が今再び、ここ私の机上に甦った。