<一 流 品 >        Erstklassig

新しいページをここに開きました。私の目に留まった世界的な一流品を、
小さな物から大きな物まで、内容を問わず紹介しましょう。非常に主観的
な趣味の領域かも知れませんね。良い物があれば参考にして下さい。

安全案内定規 AIGNER

aigner.jpg 

安全機器は事故防止の為には機能的な良い物が必要なのだが、日本国内には皆無
である。ドイツ、スイス、オーストリー、北欧などには安全装置に関する機器に
良い製品がある。この安全装置には驚嘆した。高価ではあるが、これなくして、
木工加工は出来なくなった。

 

手押安全装置 SUVAMATIC

suvamatic.jpg

手押鉋用、最良の安全装置である。この機構に代わるより良い装置はないと言える。
正規の製品が入手困難だった為に、紹介したこの装置は機構を真似て自作した。
日本国内で一般的な回転式安全装置はこの機構に比べて非常に危険な装置に見える。

 

角度微調整機能付直角定規 Bridge City Tool Works

bridgcity.jpg

直角定規は角度が正確でなければ意味がない。国産の木工用直角定規には落胆した。
金属加工用は精度は良いが木工には不向きである。高価ではあるが、最高の製品が
米国にあった。角度微調整が可能であり、この構造を有する定規は英国にもあるが、
この製品の方が更に良い。このメーカーは他にも最高級の道具類を製造している。
洋鉋や定規など惚れ惚れする道具であるが、非常に高価であり、購入には躊躇する。

 

洋鉋 Crown Hand Tools

crowntools.jpg

小型の洋鉋である。弦楽器製作者達が多く利用している。直角定規は角度微調整
機能が付加されている。超一級品とは言えないが、あっても良い道具である。

 

世界最小鉋 

kleinste.jpg


市販されている世界最小の鉋と言われている。1円硬貨と比べるとその大きさが
理解される。ヴァイオリン鉋を製造している工房の製品の様である。

 

洋鉋 Lie−Nilsen Toolworks

lie-nielsen.jpg

米国にある洋鉋製造工房で、ここで造られている各種の洋鉋は一級品と言える。種類も
豊富で、木工家にはあこがれの道具となっている。和鉋は切れ味は良いのだが、使い
勝手、便利さは洋鉋に利があり、特に堅木の加工には洋鉋が向いている。先に紹介した、
Bridge City Tool Works  で製造されている鉋は超高級品で、使用するには美し過ぎて
勇気がいる。



洋鉋 Stanley Works

stanley.jpg

非常に一般的な洋鉋で、今は国内でも販売されている。但し国内で販売されている種類
は少ない。面白いことに、この鉋に利用可能な別売の刃には日本製があり、切れ味が良い。
現在、このメーカー製の他の工具類が多数流通している。

 

自在定規 Lee Valeey & veritas

veritas.jpg

加国の製品で、角度固定が即座に可能な機能を持った定規。国産金属製定規は幅が
狭く、使い勝手は欧米製の物が良い。このメーカーから販売されている多くの便利な工
具類は利用価値があり推奨される。

 

罫引(けびき) Lee Valeey & veritas

streichmass.jpg

前述と同様、加国の製品。国産罫引の概念を覆した使い勝手の良い道具で、手放せ
ない。最新の製品は改良され、幅設定の微調整機能が付加された。他社の製品にも
同様の機能や曲線引きに適した機能を有した道具がある。刃が円形の為、木目の影
響を受け難い。

 

分度器 製造元は不明

winkelmesser.jpg

独国の道具店にて購入した分度器で、これまでに使用した種類の中では最も使い勝手
の良い製品だった。製造元が判明しないのは残念だ。

 

横切盤、丸鋸盤 KOELLE

koelle.jpg

非常に使い勝手の良い横切盤で、精度や安全配慮は国産とは比べられない。超一級
の木工機械と言える。しかし、残念ながら2001年にこの製造元は倒産してしまった。
こだわった良い製品を製造する事と、会社経営は全く別だった。保守業務のみを行う
別会社は残っているので当面は安心だ。この機械の短所は電磁制動機構で、摩滅す
る制動板を交換するに多くの手間が必要となっている。技術的に交換は難しくはない
が、面倒である。参考に同程度の機械を製造している他のメーカーを紹介するが、
国内の代理店を通すと非常に高価になっている。
 


製図用具 HAFF

haff.jpg

独国の製図用具である。CADを使用するようになり、出番が少なくなった。材質によって
中級、高級品などがあり、ステンレス製の高級品は圧倒する存在感がある。

 

製図用具 Kern

kern.jpg

瑞国の製図用具である。骨太のがっちりしたいかにも高級品と言った道具に仕上げられて
おり、1979年頃に購入した。製造元は歴史の古い老舗だったが、1988年に Wild Leiz
group に吸収され、1991年に製造を終えた。

 

製図用具 Wild

wild.jpg

瑞国の製図用具である。洗練された美しさがあり、良い道具にはその機能美が備わってい
る。1972年、ジュネーブを貧乏旅行中にショーウィンドーに飾られていたこの道具を偶然
に見掛け、なけなしの金をはたいて購入した。最初に入手した最も愛着のある製図用具と
なっている。残念ながら1972年、この素晴らしい製図用具は製産を終えた。

 

製図用具 Original Richter

original-richter.jpgkassette.jpg

旧東独の製図用具である。1975年頃、ルクセンブルグの店頭で購入して長く愛用していた。
どれ程に流通していた道具かは知れないが、現在ドイツのオークション ebay サイトには、度々
出品され取引されている。

 

製図用具 rotring

rotring.jpg

日本国内ではロットリングとして有名だが、ロートリングと発音される製図ペンの会社が販売し
た製図ペンを利用するコンパスだ。ロートとは赤、リングとは輪を意味する。赤輪をイメージし
たロゴは世界を席巻したが、CADの普及で出番がなくなった。烏口からロートリングへ、更に
CADにと急速に製図用具は変遷している。プラスチックを多用した製図用具の質は落ちて
しまった。

 

芯研器 rotring?

minenspitzer.jpg

2ミリ芯を削る芯削りだ。色々な機種が販売されているが、最近は本体がプラスチック製が多い。
これは亜鉛ダイキャスト製で重量があり、片手で芯を削っても安定して都合が良い。現在は製造
されていない様である。ドイツで25年前に購入した物であるため、今となっては製造元が判明
しない。rotring、 STAEDTLER、Faber-Castell などドイツの文具メーカーから販売されていた
のだろう。手放せない芯研器となっている。

 

用紙切断器 OLMO

olmo.jpg

米国製の用紙カッターである。多くの機種をこれまで使用したが、このカッターの使い勝手は
非常に良い。刃はボールベアリングの外側を鋭く研磨した構造になっており、切れ味は誠に
素晴らしい。ロール用紙の裁断には必需品となっている。

 

丸棒切削機(丸棒削り盤) LOESER

duebel.jpg (19040 バイト)

<木工>のページ内、丸棒切削機の項を参照。
図でわかる木工の接合工作」134頁、理工学社発行に紹介された機械。 
この丸棒切削機の性能、価格、大きさなどほぼ全ての点において、他の同一
機種とは比べられない完成された加工機となっている。軸径6−18mmの
丸棒の加工が可能だが、切削刃はそれぞれの径に合った、材料牽引ローラー
と一体化したブロックになっているため、少々高価であるのは致し方ない。




ラッパ鉋(丸棒削り工具) steinert

<木工>のページ内、丸棒切削機の項を参照。
20年以上も探求めていた、独製ラッパ鉋「家具の事典」447頁、朝倉書店
発行参照を、念願かなって入手した。最近、同種のカナダ製鉋は、国内でも
通信販売される様になったが、使い勝手や性能は独製が良い。掲載写真左上
のラッパ状の筒は、2mm間隔で軸径6−26mmの径に適合した加工筒が
販売されている。この加工筒を、刃をネジ止めした本体に取り付けて使用す
る。切削時に本体は摩擦熱で熱くなるため、握り手はゴムで保護されている。
左下のスリットが施された円錐状の部品は、角材を差し込む加工材チャック
で、これを旋盤のチャックや横向きのドリルなどに挟み回転させる。そこに
ラッパ鉋に角材を挿入したまま、回転している加工材チャックに押し込んで
使用する。少々危険を伴う使用方法だが、慣れれば効率の良い加工が可能に
なる。加工材チャックは大小2種類がある。中央上の部品は丸棒の端を面取
り加工するための刃物で、小さな丸棒には鉛筆削りを代用していた。



ノイズキャンセラー  BOSE



<安全>のページ内で紹介した<防音耳当>は、遮音タイプの耳当ですが、
ここに紹介するヘッドフォンはアコースティック・ノイズキャンセラー機能
を有した機種です。音響の世界では以前から知られておりました。逆位相を
利用し、騒音を軽減するヘッドフォン。耳を圧迫することなく、装着しても
疲れを感じさせない優れ品。他メーカからも同様の機能を持つ多くの製品が
販売されている。木工機械の騒音や、調律時の音量を軽減する場合に必需品
となった。



切り出しナイフ  TINA



皮革加工職人が好んで使用している切り出し。日本の切り出しと異なり、全
鋼1枚刃。切れ味は日本製切り出しの方が上だが、鋼が堅く刃こぼれが起き
やすい、それに対して欧米の全鋼刃物は薄く弾力がある。日本刀とサーベル
の違いと言えば理解されるだろう。親方が使用していたナイフで、見習い時
代に製造元を探した。便利なインターネットなどが無い時代、郵便局に行き、
独全土の電話帳を、Tina-Messer と郵便番号の頭1文のみの僅かな手掛かり
だけで調べまくった。その執念で製造元を突き止めた。用途別に多くの種類
があり、皮革加工、木工、オルガン製作用などには特に便利だ。下段2本は、
Tina がまだ入手出来なかった時に自作した愛用品。



端金、クランプ  LUST



日本国内で流通している端金の質はホビー用と言っても過言ではない。高価
ではあるが、独製端金には比べられない。国内の輸入商社が取り扱っている
他製品にBessey があるが、Lust は全く知られていない。商社が総代理店契
約をし、個人輸入が困難になるのを嫌って、これまで紹介しなかった。例と
して、ビスケットジョインター、ラメロの個人輸入が不可であった。現在、
ネットを介して良い工具の個人輸入が簡単に行える時代となった。下段製品
は、板接ぎをするには便利な端金、木部は自作する。上下に何段にも積み重
ねられ、大量に板接ぎをする場合に重宝する。他のカナダ製、ホビー仕様の
製品が知られている。右の写真は板接ぎ(いたはぎ)に使用した例。

 

眼鏡フレーム  Fuga、株式会社 村井



縁なしタイプのシンプルなフレーム構造、レンズに穴を開け、智とブリッジ
を差し込むだけだ。レンズとの接続にネジは使用しない。ヒンジ部分のみに
ネジを使用している。デザイン性もあり、軽くスマートだ。レンズ込みの重
さは僅かに16グラム。



眼鏡フレーム  MP635 Kazuo Kawasaki、増永眼鏡株式会社



フレームには数多くのブランドがある。過去に使用した中で最も気に入り、
今後もこれ以上のフレームに出会う事が難しいと感じた商品だ。若い頃には
眼鏡の使用経験がなかったが、老眼になり必要となった。その為、デザイン
よりも、軽く、装着感の良い、機能的な種類を探した。
縁なしタイプ、レンズに穴を開け、ブリッジ、智と一体化したテンプルを差
し込んだだけの構造。ネジは一本も使用しない。テンプルはバネになってい
て、装着感がこの上なく、ズレない。さすがに工業デザイナー川崎和男によ
るフレームだと関心する。レンズ込みの重さは僅かに15.4グラム。


眼鏡フレーム  Air Titanium Rim Panto、Lindberg

airtitanium

多数あるフレームの中で、掛け心地やデザインに優れた物が世界にはあった。
リムフレームだが、ネジは一本も使用せず、軽量で構造も優れている眼鏡だ。
多くの著名人が使用しているフレームとして知られ、同構造でデザインが異
なる製品が多くある。レンズ込みの重さは僅かに14.9グラム。


老眼鏡  Paper Glass Under-rim、株式会社 西村プレシジョン



老眼鏡、現在ではリーディンググラスあるいはシニアグラスとカタカナ語で
呼ばれることが多くなった。老眼鏡は老眼鏡、年を取ればお世話になる眼鏡。
ここに優れた老眼鏡が商品化された。折り畳むとフラットになり本の間だに
挟んでも、邪魔にならない構造になっている。この構造から商品名が誕生し、
Paper Glass となった様だ。他に同構造の眼鏡はこれまで見られなかった。
携帯に便利なブリッジで折り畳んむ構造、あるいはレンズを細身にした種類
等は存在したが、蝶番(ヒンジ)の構造を工夫した発想はデザインも良く、
愛用される眼鏡となるだろう。気になる点は、モダンと呼ばれる耳当て部分、
少々大きめの端に加工されているので、眼鏡を外すときに髪が引っ掛かる。
端は自分で切り落とした。眼鏡の重さは僅かに15グラム。


老眼鏡  RIMLESSMETAL OVAL、Belle et Claire(ベルエクレール)



一般的な老眼鏡として市販されてる商品だ。既存のレンズは販売価格に見合い
分厚い。しかし、フレームはニッケル合金製で軽く、機能的には優れている。
そこで
高屈折率1.6のレンズと交換すると、一流品と遜色のない眼鏡となった。
「シニアグラス」、「リーディンググラス」などとして市販されている商品は
多数あるが、その中でも質の良い眼鏡と言える。原産国は中国、レンズ交換後
の重さは13.4グラムとなった。ヒンジ部分にネジの使用はなく、レンズの
取り付けに4本のネジが使用されている。

安価だから一流品ではないと言えるだろうか。中国製の粗悪品ではなかった。



鼻眼鏡  FINCH(フィンチ)  
KAMURO



縁もつるもない、究極の眼鏡(仏:
Pince-nez、独:Zwicker,Kneifer)。鼻の低い
東洋人が使うのは難しいが、吉田茂は鼻眼鏡を愛用した。日本国内で目にする
のはまれだが、西洋では19世紀末に流行った。1976年頃の忘れもしない
思い出がある。今は市街が世界遺産となっているルクセンブルグのカテドラル
でオルガンの調律をしていた時、何処かで見たことがある紳士が、演奏台の側
に近寄って来た。胸ポケットから折りたたんでいた鼻眼鏡を取り出し、演奏台
をしげしげと眺めた。この時、初めてコンパクトな洒落た鼻眼鏡を間近に見た。
1969年、初来日したミュンヘン・バッハ管弦楽団が演奏するマタイ受難曲
を大阪のフェスティバル・ホールに、わざわざ聴きに行った。その時の指揮者
が有名なオルガニストで、今は亡きカール・リヒターで、強烈な感銘を受けた。
その彼が鼻眼鏡を取り出した紳士だったのだ。彼は毎年、夏のルクセンブルグ
に演奏しに来ていた。合間にぶらりと散歩で教会に立ち寄ったのだろう、調律
をしている音を耳にし、オルガンを見に来たのだった。日本で貴方の演奏を聴
きに行ったと、会釈をすると笑顔で返事をしてくれた。彼が所持していた眼鏡
は折りたたみ式の鼻眼鏡、ここに掲載したのは構造が異なる、バネで鼻を挟む
タイプの鼻眼鏡。9.2グラム



拡大鏡  LABO-FRAME(ラボフレーム)
ESCHENBACH (エッシェンバッハ)



虫眼鏡は子供の頃、宝物だった。蝶の羽やトンボの目を見た記憶がある。また、
陽光を集めて、紙を燃やしたりした。ルーペと呼ばれる様になり、用途に応じ
て多くの種類が販売されている。眼鏡を掛けずに仕事をしていたのは遠い昔、
視力は加齢により落ち、裸眼では全く役には立たない。細かい仕事をする場合、
最近は眼鏡に加えてルーペが必要になった。過去には色々な種類のルーペを購
入しては試し使用した。ドイツ製だったと最近知った、「ラボクリップ」は眼
鏡レンズに挟んで使う種類のルーペなのだが、眼鏡に取り付ける手間やレンズ
を傷付ける欠点を感じていた。同じメーカーの、ワークルーペ「ラボフレーム」
を見付けた。眼鏡と共に併用可能で、使い勝手が良く、違和感なく使える。
手放せないルーペとなった。



スタイラス  PARKER



スマートフォン、PDAや携帯情報端末などのタッチパネルを操作する為の
ペンだが、機器に付属しているスタイラスは小さく、使い勝手が悪い。手元
にあったNTカッターの軸後ろを代用スタイラスとして使用していた。筆記
具メーカーから市販されている、ボールペンとスタイラスが組み込まれた、
「エスプリデュオペン」が手に馴染む。一流道具に入れられるだろう。

 

魚膠(ぎょこう) フィッシュグルー High Tack Fish Glue



膠(にかわ)には多くの種類がある。大別すると獣膠(牛、鹿、兎)と魚膠
(ぎょこう、にべにかわ)があり、薬品、写真、画材、家具、楽器製作など
の接着剤として、古くから利用されてきた。一般的な膠は棒状、顆粒の材料
を湯煎し、ドロドロに溶かして使用する。修復時にはがす必要がある場合に
膠はなくてはならない重要な接着剤となっている。膠は湯煎する必要があり
手間が掛かる。他方、液状として流通している魚膠は扱いやすく、塗布して
皮などの接着が容易にできる。オルガンの重要な部品に鞴(ふいご、吹子)
があるが、吹子製作時に使用する接着剤として魚膠は重宝する。
 


ポニークランプ Pony clamp



クランプ類には多種多様の物がある。米国製の優れものに「ポニークランプ」
があり、3/4インチのガス管を利用し、任意の長さのクランプに仕立てる
ことが可能だ。今では多くの取扱店から容易に入手出来るが、ネット通販が
普及する以前では購入するのに苦労した。流通している「ポニークランプ」
は用途に応じた色々な種類があり、長手の物を逆向きに取り付ければ、簡易
ジャッキとしても流用出来る。ガス管はホームセンターなどでも販売されて
いるので、任意の長さに切断し、一端をネジ加工した管を準備すれば良い。
また両端をネジ加工し、管継手を利用すれば、長いクランプにも応用可能だ。
出番の多い、便利なクランプとして重宝している。
 

 

突板接合テープ Fugenleimpapier


突板(ツキイタ)を象眼やモザイク模様に接ぎ合わせる、木工技術がある。
似た様な物として、箱根寄木細工があるが、薄板を貼り合わせる技術が異な
る。欧米には伝統的な木工品として、突板貼り技法を用いた多くの素晴らし
い製品が存在する。突板接ぎ合わせに利用する為に開発された水糊紙テープ。
厚み0.06mm、幅20mm、3穴、糊は巻紙の表に塗布(内側ではない)。
日本語製品名は存在しない、「突板接合テープ」と名付けましょう。

独語: Fugenleimpapier、Fugenpapier
Furnierleimpapiere、 Furnierklebeband
Klebestreifen、 Klebeband など色々と呼ばれている。

 

ミニチュア椅子  Vitra Miniatur Stuhl



 Eames/DCW, 1945    Wegner/Y-Chair, 1950

ヴィトラ美術館に展示されている椅子のコレクションがある。有名デザイナー
の作品、1/6モデルのミニュチュアとして販売されている物を、プレゼント
として送ってもらった。精巧に複製されたミニュチュアモデルで、形が小さい
だけで、実物と見まごうばかりの質感もある。机の片隅に置き、眺め、触れて
は精神的な潤いを得ている。
 

 

チューナー CLEARTUNE

パイプの整音や調律時には、作業効率が良いのでチューナーを使用する。
過去には高価な専用機器を使用していたが、最近はパソコンや携帯電話用の
ソフトチューナーを利用している。
パソコン用としては、Peterson StroboSoft が知られている。
携帯電話用と言うのは、スマートフォン・アプリのチューナーなのである。
スマートフォンを利用する場合、充電用 USBクレードルに立てると便利だ。
最近のスマートフォンはハンディーのパソコン、これは利用価値がある。
電話だけではなく、カメラ、チューナー、表計算、関数計算機など、仕事
の道具としては手放せない。机上のパソコンと無線 LANを介しデータのや
り取りをすることが可能で、記録したパイプ開口データを、表計算でグラフ
化、プリントアウトしている。使用する道具も進化している。

 

洋鉋 Lie−Nilsen、Kunz



台鉋と呼ばれる鉋に似ているが、私には紹介する鉋やスクレーパーの方が使い勝手
が良い。特に框構造で、木目が直交している場合の加工に威力を発揮する。洋鉋は
ネジで刃の出を簡単に調整出来るのが特徴で、国産鉋の様に金槌でたたくことはな
い。刃の切れ味が悪いと評価する職人も多いが、仕上げまでの効率は洋鉋に利があ
ると感じている。Kunz製の鉋、両端のネジは私が蝶ネジに交換した。刃は普及してい
るスクレーパーと似た短い刃が取り付けられている。スクレーパーだけでも同様の加工
をする。スクレーパーや上記紹介の鉋の利用をお勧めする。
 


一流品と巡り会えた時はまた報告致しましょう。