教会暦
**  カトリック移動主日・祝祭日表  (年月を選択 ) **
年  月    

「教会暦・カトリック移動主日・祝祭日表」を作成した。
2037年12月まで暦は有効。日付関数が2038年問題で2038年
以降は利用不可。2038年問題は他のサイトを参照して下さい。

カトリック教会暦で、最も重要な移動祝祭日は、
「 復活祭 」  春分の後の、満月の後の、日曜日が復活祭。
数式計算は出来るが、以前は自ら複雑な計算をする必要あり、
満月と日曜が重なる場合などの例外規則もあり簡単ではない。
「復活祭関数」なるものが存在し、以前よりは簡単な方法で、
「復活祭」の日付を求めることが可能になっていたことを知った。
PHP関数、easter_date( ) あるいは easter_days( )  で希望年の
復活祭日を簡単に求めることが可能。しかし、このページを
登録しているサーバー内で、この関数が利用出来ず、数式を
駆使し、他の方法で復活祭日を計算した。

「復活祭」の前後に「灰の水曜日」、「聖霊降臨」、他の祝祭日
が決まる。年の始め、元旦後の最初の日曜日は「主の公現」、
第2日曜日は「主の洗礼」、但し1月13日を過ぎると、「主の洗礼」
は「主の公現」の翌日となる。固定祝日として「降誕祭」がある。
しかし「待降節」は「降誕祭」4週前の日曜から始まる。「降誕祭」
が月曜の場合「待降節」は12月最初の日曜、12月3日から始ま
り、「降誕祭」が日曜と重なると、「待降節」は11月最後の日曜、
11月27日から始まる。「復活祭」、「降誕祭」など、移動、固定の
祝祭日が複雑に絡まり、「待降節」から教会暦は新たに始まる。
暦の計算結果を表にまとめることは難しく、スマホでの利用を
考慮し、暦をスリム化する。
(2016年04月26日)


以下は Windows なるものが存在していない頃に、自分のために作成した。
その後、PC 環境の変化に合わせて改訂してきた。まだまだ実用可能です。

万年復活祭暦(Excel版)  解説

1990年頃、パソコンを操作していた時、1900年が閏年として計算されて
いた事に気が付いた。内部CPUの日付計算処理が1900年を閏年としていた
のだが、当時から表計算ソフトも全て閏年となっていた。自分自身で表計算ソフ
トを学ぶために、習作として1992年にマルチプランで作成した万年カレンダ
ーソフトを雑誌「The Basic」に投稿し、掲載された。実用上、
1900年が閏年として計算されても、もあまり影響はないのだが、正確な暦を
習作の為に作成した。

今日、ウィンドウズが一般に使用されるに至り、表計算ソフト、エクセルでも使
用可能にする為に改良を加えた。また、自分自身の興味から、復活祭決定の複雑
な計算を試み、関連する移動祝祭日を合わせて表示する。

キリストが十字架に架けられたのは、西暦30年4月7日で、13日の金曜日で
はなかった。グレゴリオ暦となり、1700,1800,1900年は平年とな
った。100で割れ、かつ400で割れる年、2000年は閏年となる。グレゴ
リオ暦では400年に3度、閏年を取らない置閏法となっている。

復活祭の期日計算方法を一言で解説するのは難しいのだが、復活祭は、春分後の
満月の次の主日とし、満月が主日と重なる時は、次の主日に移される。故に太陽
暦と太陰暦を相互に計算する必要が生じる。
                                    
1900年以降の復活祭期日計算として、簡単な計算方法があるのだが、ここで
は採用しなかった。                                    

参考文献 「暦とキリスト教」 土屋吉正著  オリエンス宗教研究所発行                                    

                                    1999 年 4 月 
      

万年復活祭暦改訂版  ver.1.5   2016年1月21日
主日周年表記の訂正、待降節から新主日周年が始まる。
転載複製厳禁、自己の責任内にてファイルを保存し、御使用下さい。

暦は、「選択元号№」「年」「月」に、ご希望の数値を入力して利用する。

(表示サンプル)
万年復活祭歴


Android 携帯電話で ThinkFree Office Mobile が提供されている。自作のExcel
ファイルを試しに起動させると、一部の関数は機能しないものの、利用価値があ
ると分かった。拙作「万年復活祭暦」を改訂し、携帯電話でも表示可能にした。
ダウンロードしたファイルを携帯電話の メモリーに置くと良いでしょう。
過去、未来の復活祭日を携帯電話でも簡単に調べ ることが可能。