刺  繍  

Cluny

(1150x800 Embroidery 1986)

《 前   切布  次》

 

デザインは、フランス・パリにあるクリュニー博物館に所蔵されている
タピストリー(1500年頃)を原画にし、1目ずつ刺繍した。畳約半畳
もの大きさであったため、その製作には長い時間を必要とした。オルガン
に関する貴重な資料としても有名なタピストリーである。鍵盤、吹子など
細かい描写からオルガンの音が聞こえる様である。