Yamano Organ 

山野オルガン(オルガン製作工房)           :山口県下関市
オルゲルバウマイスター(Orgelbaumeister) 山野 政登司  

1983年よりオルガン製作を開始、2012年現在まで8台余りのオルガンを
各地に製作設置する。鍵盤を含む演奏台寸法はドイツ標準規格に準拠し、音響的
には、オルガンの最も成熟した時期であるバロック時代のオルガンを模範とし、
複製ではない製作者の創意と意匠による作品製作を心掛けている。伝統技術に加
え、現在における最新技術や素材を吟味しながら、積極的に取り込む事を惜しま
ない。伝統的技術が最良で、最近の技術や素材はオルガン製作に合わないと言う
偏った考えの製作家もおられる今日、現在では多くの良い新素材や技術が採用さ
れるに至った。何が最良なのか、選択を誤らず、現時点て可能な限り最高の作品
とすべく、設計製作者の耳と感覚を信じ、日々研鑽を積んでいる。 

<マイスター経歴>
 私立エリザベト音楽大学宗教音楽学科卒業
       教会音楽、古典合唱音楽の研鑽を積む、音楽教員免許取得。
 ルクセンブルグ、オルガン製作修業開始
       オルガン製作の伝統技術を修行、古いオルガンの修復など、多くの製作体
       験をこの時期に経験する。
 オルガン製作職人資格試験合格
       成績優秀にて公開の会場にて資格証書を授与される。
 フランス、アルザス地方、オルガンパイプ製作修行
       オルガンの金属パイプ製作技術を取得。フランスのシュトラスブルグ近郊
       はアルザス地方と呼ばれ、オルガン製作者ジルバーマンのオルガンが多数
       残されている事でも有名。多くのオルガン名器の音をこの時期に貪欲的に
       耳にした事は大きな収穫であった。Zierpfeife(飾りパイプ)などの高度
       な製作技術も独自に取得する。工房のロゴはこの飾りパイプをモティーフ
       にしている。自作の飾りパイプはカトリック松戸教会に納めたオルガンに
       取り付けられている。  
 ドイツ、ルートヴイックスブルグ、職業学校オルガン製作部門に修学
      オルガン製作以外に、ドイツの実学には学ぶ事が多く、大きな影響を受ける。
 ドイツ、オルガン製作マイスター試験合格、マイスター称号取得
      日本人とし2人目のマイスター称号取得となった。
 ドイツ、シュトゥットガルト近郊、オルガン製作工房に就業
      マイスターとして弟子の指導も行う。伝統技術に加え、優れた近代木工技
       術をこの時に取得、オルガン製作の奥深さと難しさを知る。
 ドイツ、ハノーバー近郊、オルガン製作会社に就業
      北ドイツの伝統を学ぶ目的だった。多くの北ドイツオルガンを見聞する。
 ルクセンブルグ、フランス、ドイツ、10年間の修業終了、帰国
 郷里下関に山野オルガン工房開設
      2年半の準備の後、自宅横に工房を開設する。
 エリザベト音楽大学(広島)、オルガン建造学非常勤講師退任
      オルガンの構造、歴史、調律論など、後進の指導を20年間する。
 私立松蔭女子学院大学(神戸)、オルガン学非常勤講師
      旧知であったガルニエ氏がオルガンを設置した大学である。彼によって
    フランスオルガンの響きが日本に紹介され、その影響は今日に及んでいる。
 下関市芸術文化振興奨励賞受賞
 2002年、7台目のオルガンを横浜に設置
 2012年、8台目のオルガンを下関に設置

工房でオルガンを製作する傍ら、北は北海道、南は九州、国内各地でオルガンの 組
立て、修理、調律を行う。大学ではオルガン構造学の非常勤講師を兼任、各地の学
校にてオルガンに関する講演を随時行う。オルガン製作マイスターは日本には本人
を含め5名余り在住。3名は関東地方、1名は広島にて活躍。国内には現在わずか
10個 所未満のオルガン製作工房があるのみ。


 風琴の山野オルガン

自分の名前が山野だった関係で、単純に工房名を山野オルガンとし、オルガン を製作する工房を
1983年に開設した。オルガンとは即ちパイプオルガンの 事であり、リードオルガンではない。しか
し、過去には山野オルガンの名称を 持つリードオルガンが販売されていた。現在、東京銀座に本
店がある、山野楽 器が販売していた風琴、日本楽器製造が製造した中身は「西川オルガン」で、
ブランド名「山野オルガン」として、関東大地震(1923年、大正12年) 以後に販売されていた。こ
の事実を知ったのは「オルガンの文化史」1995年 赤井励著によってだった。偶然とはいえ、過去
に山野オルガンと名が付された 風琴が販売されていたのは驚きであった。また、ホームページを開
設した直後、 アメリカより、"Yamano Organ"を所持しているがいつ頃製造した製品なのかと の問い
合わせに、驚愕した。私と山野楽器との血縁関係は、全く聞いたことは ないが、不思議な事に、
山野楽器の創業者は山野政太郎氏であり、私の親族に も政の字を持つ物がいた。祖父が名付け
た私の名にも政の字がある。私自身は 地方出身で山野楽器の存在すら知らずに育ち、オルガン
製作の道に進み現在に 至った。何とも奇妙な偶然なのだが、ちょっと不思議な巡り合わせなのだ。